-豊田夏来 押尾

2009年8月アーカイブ

豊田夏来とは

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

タレントの押尾学との交際が噂された豊田夏来とはどんな人なのでしょうか。一説での紹介ですが、彼女は1976年5月26日生まれで、渋谷の109の「MATERIAL GIRL」という店舗の立ち上げスタッフとして プレスのチーフやバイヤーとしてを5年間勤務した後、 2006年にアパレルメーカー 株式会社Girkeyを起業しました。現在は楽天市場にも登場してくるセレクトショップ 「Girty's Key」のオーナー兼バイヤーで、同時期にオリジナルブランド「TWOKEYS」も立ち上げています。ブランドのテーマは、年齢と共に、変わりゆく体系をカバーしながら美しいスタイルを魅せることとなっています。このオリジナルブランド「TWOKEYS」については、通販カタログで絶大の人気を誇る「PEACH JHON」 on the カタログの「gj」で2007年春夏期から継続販売中となっています。「PEACH JHON」ということは、押尾学が覚醒剤を使用していた六本木ヒルズのマンションのオーナーである社長の野口美佳とも面識があったということになりますね。又、浜崎あゆみがデビュー当時、街で飲んでいる所にやってきて「アボガド食べない?」と言って近づき、以後つきあい始めたそうで、しばらくの間、浜崎宅に居候していたという曰く付きの親友といわれています。浜崎あゆみがエイベックスの松浦専務(現社長)の次に影響を受けた人となっていて、浜崎あゆみの「For My Dear...」のプロモーションビデオにも出演しています。こんな状況だったので死亡した女性の名前として出てしまったのでしょう。

 

 商品先物プラチナ(白金)  アナ・スイ  結婚指輪  リゾートアルバイト

 

さて、二人の関係ですが、浜崎あゆみと交友のあった豊田夏来も押尾学もエイベックスレーベルに所属していたことが、つながりを持った理由だというのは誰もが考えることでしょう。このエイベックスとは正式には、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社という会社で、エイベックスグループの総称です。ちなみにエイベックスという名前の由来は Audio Visual Expertからそれぞれの頭文字を取ってつけられたものです。所属する会社は、音楽、映像コンテンツ制作会社である「エイベックス・エンタテインメント株式会社や、音楽、映像商品の製造、販売や、音楽、映像コンテンツの配信事業を行っている「エイベックス・マーケティング株式会社、又、芸能事務所である「エイベックス・マネジメント株式会社」などとなっています。所属するタレントは代表的な人だけでも、浜崎あゆみ、安室奈美恵、相川七瀬、忌野清志郎、倖田來未、島谷ひとみ、タッキー&翼、葉加瀬太郎、槇原敬之、吉田拓郎、レミオロメン、EXILEなど紹介しきれない位で、日本随一の規模を誇りますが、豊田夏来と押尾学の2人もその一員として所属していたわけです。一方では、会社が大きいだけに今回の事件や小室哲哉の事件のように話題に巻き込まれることもあるようです。

 

ローンの種類と利用法  子育てとストレス  結婚準備マニュアル

 

警視庁麻布署は、麻薬取締法違反の疑いで、俳優でミュージシャンの押尾学を逮捕しましたが、東京都港区の六本木ヒルズのマンションで麻薬をいっしょに使っていた女性がおり、その女性は死亡していたのです。それが誰なのか憶測ばかりが流れたのですが、当初はそれが豊田夏来という女性だと噂されたのです。まず、麻薬を使っていた六本木ヒルズのマンションの契約者は誰なのかといえば、株式会社ピーチジョンの創設者であり社長である、野口美佳です。株式会社ピーチジョンは、1994年に創設された女性向け下着通信販売会社で、通販カタログ「PJ」を年4回、それぞれ250万部を発行、独特な企画を盛り込んだボムバスト、サーキット、エブエブスリークォーター、デコルタンなどの輸入下着で大成功を収め、若い世代からミドルまで幅広い世代の支持を得ています。ちなみに離婚したご主人はAV会社桃太郎の社長です。ピーチジョンを訳すと「桃太郎」ですよね。この野口美佳はエイベックスの看板人気歌手である浜崎あゆみと親友関係であるようで、浜崎あゆみの香港ツアーなどは裏側も含めて多くの写真入りで自身のブログに掲載したりしています。このあたりから死亡した女性の推測がされていったようです。そして浜崎あゆみのデビュー時代の同居人だったとされるのが豊田夏来という女性です。この人も元エイベックスのタレントだった半芸能人の状態だった人のようです。

 

 出会い  観光  占い  スキンケア

 

人気女優矢田亜希子の夫でタレントの押尾学が警視庁麻布署に3日逮捕された事件が話題になっていますが、同室していて死亡した女性について発表がなく、憶測ばかりが賑わっていますが、少し事件の流れをおさらいしておきましょう。事の起こりは8月2日の晩のことです。六本木ヒルズの部屋から「女性が死亡している」という119番通報があり、同時に捜査がスタートしました。六本木ヒルズのマンションの防犯カメラには、押尾学と死亡した女性がいっしょに建物の中に入っていく姿が記録されていたことから、3日午後になって、押尾学を事情聴取したのです。その際の押尾学の話では「このマンションの部屋で女性と一緒にいましたが、女性の様態に異変を感じたため自分のマネジャーを呼び、その後部屋を出て行った」という一般常識では考えられないものでした。供述している時の押尾容疑者は、明らかに薬物中毒とわかる程手の震えが止まらなかったようで、尿検査をしたら薬物反応が出たということです。こういう事になると、死亡した女性も一緒に薬物を使った可能性があるのですから、事件の当事者でもあり、この女性の素性も明らかにすると思われたのですが、なぜか警視庁はかん口令が敷かれたままだったのです。これも噂ですが、押尾学の内輪のパーティーに豊田夏来もそうですが、他には国会議員関係者も呼ばれていたらしく、それがかん口令の原因とも言われています。

 

 キャッシング  トレーニング  エステ  家庭教師

押尾学が逮捕

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

タレントの押尾学が合成麻薬MDMAを使用していたとして麻薬取締法違反で逮捕されました。押尾学が使用したこのMDMAとは「メキレンジオキシメタンフェタミン」というもので、興奮作用や幻覚作用を引き起こす合成麻薬です。MDMAができたのは今から100年近く前の1912年、ドイツの化学メーカー、メルク社が食欲抑制剤として作りました。この時は製法特許だけで実際の製造はされなかったのですが、1970年代から1985年まで、精神科医の間ではこの、MDMAはPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療などに使われました。しかし、1978年にアメリカの化学メーカーのダウ・ケミカル社の化学者の著作「幻覚剤の薬学」が出版され、MDMAはレクリエーション用のドラッグとして人気が出てしまい、欧米を中心に拡大していったのです。薬としての強い作用があり、むやみに使用すると死亡に至ることもあり、1985年6月、アメリカでは司法省麻薬取締局の判断により、MDMAを非合法としたのです。従って現在ではコカイン、ヘロイン、大麻と同様に、麻薬の一つとされているのです。さて、押尾学がMDMAを使用していた時、一緒にその錠剤を飲んだ女性がおり、亡くなってしまったのです。それが誰なのかが、当初わからずにいろいろな憶測が流されました。そして、それが豊田夏来という女性だと噂されたのです。

 

 パチンコ・スロット  美容整形  防災・震災  育毛・増毛
カテゴリー
更新履歴
豊田夏来とは(2009年8月 8日)
豊田夏来と押尾学の所属レーベル(2009年8月 8日)
豊田夏来が噂された背景(2009年8月 8日)
事件の流れのおさらい(2009年8月 8日)
押尾学が逮捕(2009年8月 8日)
カテゴリー
更新履歴
豊田夏来とは(2009年8月 8日)
豊田夏来と押尾学の所属レーベル(2009年8月 8日)
豊田夏来が噂された背景(2009年8月 8日)
事件の流れのおさらい(2009年8月 8日)
押尾学が逮捕(2009年8月 8日)